英文冒頭解説

こちらは英字新聞の冒頭を解説した英文冒頭解説の一覧となっております。総合的な長文読解力を養いたいのなら英字新聞がおすすめです。語彙、文法、英文解釈、文脈を駆使して読解していきましょう。

英語の長文読解に欠かせないものは二つあると思います。一つは文脈を把握する力です。これは英語に限らず日本語、その他外国語で書かれた文章など、あらゆる文章を読む際になくてはならない力です。この文脈を把握する力があれば文章を読むのがずっと楽になりますが、この力で充分かと言われるとそういうわけではありません。

私達は文脈を把握すると同時に文構造を把握できなければ外国語の長文を読解することはできません。何が主語で、何が目的語か、何が何を修飾しているのか、これらがわからなければ文脈を把握することもできないのです。

私達は外国語の長文を読む際に文構造を必ず把握しなければなりませんので、当然文構造を把握する力を鍛える必要があります。

まずは文法をしっかりやること。これは言うまでもありません。文法を身につけた後に英文解釈、英文解釈と名のつく参考書や問題集で短い文の文構造を把握できるようにしていきます。

そして最終的には長文をたくさん読解し、その過程で文脈を把握する力と文構造を把握する力を擦り合わせていくバランスを自分の中で発見していくのです。

しかし「語彙力もある、文法もできる、そんな方が長文になると途端に読めなくなる理由とその対処法」の終わりの方でも書きましたが、私が受験生の頃、一般的に難しいと言われている英文解釈の参考書、問題集を勉強しても、実際の英文にはまだまだわからない文構造が含まれていました。そういった文構造に出会った時、私は自分の頭で考えて納得のいく結論を出すしかありませんでした。しかしこれを受験生の皆さんがやっていては時間がなくなってしまいます。だから多くの方はわからない文構造を含む文をさらっと読み飛ばすのではないでしょうか?

一方で、気になって読み飛ばせない方もいらっしゃると思います。それは単に知的好奇心のせいでもあるでしょうし、今後同じような文構造が出てきた場合、特に本番の試験で出た時に対応できなかったら……といった恐怖心のせいでもあるでしょう。

そこで私はこの英文つまみ食いというサイトを作り、細かいところをうやむやにしない論理的な長文読解への橋渡しとなるような解説を始めました。

それが英文冒頭解説です。実際の英文である英字新聞の冒頭を丁寧に解説してありますので、実際の英文の文構造を学ぶことができます。

英文冒頭解説で長文読解の基礎を築き、どの長文が出ても揺るがない普遍的な長文読解能力を鍛えましょう!

解説の内容を印刷できるようにPDF版も用意しておりますので適宜お使いください。

1ページ中3件目