031816_re_prime-numbers_feat_free

【英文冒頭解説】数学者達が素数における奇妙なパターンを発見する

投稿日:2016年03月19日(土)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本語タイトル 数学者達が素数における奇妙なパターンを発見する。
英語タイトル Mathematicians find a peculiar pattern in primes
日付 Mar 18, 2016
サイトのURL https://www.sciencenews.org/article/mathematicians-find-peculiar-pattern-primes
日本語の関連記事 http://www.gizmodo.jp/2016/03/prime-number-not-so-random.html

英文が難しいと感じた方は日本語の関連記事で内容を把握してから英文を読んでみてください。

Prime numbers, divisible only by 1 and themselves, hate to repeat themselves. They prefer not to mimic the final digit of the preceding prime, mathematicians have discovered.

日本語訳

素数は1とその数自身によってのみ割り切れるもので、その数自身を繰り返すのを嫌う。直前の素数の最後の桁をまねることを素数は好まないと数学者達は発見した。

単語・熟語

divisible:割り切れる
mimic:をまねる
digit:アラビア数字/桁
preceding:直前の、前述の

突然ですがドラゴンクエストをやったことはありますか? 今回のmimicという単語を使ったモンスターがドラゴンクエストに登場しています。宝箱だと思って開けてみたら襲ってくる、あいつです。要は宝箱をまねているんですね。

“It is really, really bizarre,” says Stanford University postdoctoral researcher Robert Lemke Oliver, who, with Stanford number theorist Kannan Soundararajan, discovered this unusual prime predilection. “We are still trying to understand what is at the heart of this,” Lemke Oliver says.

日本語訳

「それは本当に、本当に奇妙だ」とスタンフォード大学の博士研究員Robert Lemke Oliverは語ったが、彼はスタンフォード大学の数論学者Kannan Soundararajanとともにこの普通ではない素数の偏りを発見した。「私達は依然としてこれの核心にあるものを理解しようとしている」とLemke Oliverは話す。

単語・熟語

bizarre:奇妙な
postdoctoral researcher:博士研究員
number theorist:数論学者
predilection:特別の好み、偏愛
ここでは「素数におけるパターン」のことを言っていますので、「偏り」と訳しておきました。

Generally speaking, primes are thought to behave much like random numbers. So whenever some kind of order is revealed, it gives mathematicians pause.

日本語訳

一般的に言って、素数は乱数のように振る舞うと考えられている。それゆえ、何らかの規則が明らかになった時はいつでも、それによって数学者達は立ち止まってしまうのである。

単語・熟語

orderの訳が難しいのではないでしょうか。「命令/注文/順序/整理/秩序」などの意味を持つこの単語の原義は「順序」です。

通常、素数は乱数のように振る舞うと書かれています。つまり規則性がありません。しかし、今回のニュースによればこれまでの考えを覆し、規則性があるのではないかと考えられるわけです。この「規則性がある」ことをorderによって表現しています。

先のorderの訳を見てみますと、どれも雰囲気は似ていますよね。順序があるなら、それは整理されている(例えば、散らばっているたくさんの物に番号をつける)でしょうし、これは秩序があるとも言えます。命令や注文は「こうしてほしい」という要求を伝えることであり、「こうしてほしい」には何らかの意図が込められています。その意図は意図であるがゆえに無作為なはずがありません。例えば、お店でメニューを見ながら、自分の好み、その時の環境(暑いとか寒いとか)などに応じて品物を頼みます。

どの訳にせよ、「規則」が絡んでいるのはわかりますか。まあお店の注文において「規則」と言うのは少しぎょうぎょうしいかもしれませんが。

「辞書に書かれている訳を絶対に使わないといけない」と思う込むのはやめましょう。辞書に書かれた訳からうまく文章に合う訳を推理していくことも和訳のコツです。

写真はリンク先から引用。

PDF版はこちらです。

この記事が役に立ちましたら
いいね ! をお願いします