20160307-OYT1I50024-L

【英文冒頭解説】2015年、5,803人の外国人実習生が仕事から失踪

投稿日:2016年03月09日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本語タイトル 2015年、5803人の外国人実習生が仕事から失踪。
英語タイトル 5,803 foreign trainees fled jobs in 2015
日付 Mar 8, 2016
サイトのURL http://newsonjapan.com/html/newsdesk/article/115563.php
日本語の関連記事 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160307-OYT1T50091.html

英文が難しいと感じた方は日本語の関連記事で内容を把握してから英文を読んでみてください。

The number of foreign technical intern trainees who fled from workplaces last year reached the highest level ever at 5,803, greatly surpassing the previous year’s figure, according to a Justice Ministry survey.

日本語訳

法務省の調査によると、昨年の職場から失踪した外国人技能実習生の数は5,803と、過去最大に到達し、前年の数値を大きく上回った。

単語・熟語

surpass:〜より勝る、優れている
sur-は「上の、超える」という意味を持つ接頭辞です。例えば、surface「表面」やsurrealism「超現実主義、シュールレアリスム」などで使われています。
figure:数値、姿、人物、図(多義語ですので注意しましょう)

The government believes that poor working conditions have resulted in the incidents in many cases. To counter this situation, the government plans to take legislative action to strengthen supervision in corporations and organizations that take on foreign trainees, aiming to stop an increase in the number of runaways.

日本語訳

多くの場合、劣悪な労働環境が原因でこれらの失踪が起きていると政府は考えている。この状況を改善するために、政府は外交人実習生を受け入れる企業や組織に対する管理を強める法的措置を取る予定であり、失踪者数の増加を止めようとしている。

単語・熟語

原因 result in 結果:(原因)によって(結果)が起きる(結果 result from 原因 も合わせて覚えましょう)
counter:〜に反撃する、対応する
plan to do:〜するつもりである、〜する予定である
legislative:立法の(legislative action:法的措置)
supervision:監督、管理
take A on[on A]:Aを受け入れる
aim to do:〜しようと努力する
runaway:逃亡者

構文

the incidentsはそのまま出来事と訳しても問題はないのですが、わかりやすいように「失踪」と訳しておきました。

数年前に「ランナウェイ」というドラマが放送されていました。こういう単語を日頃から意識して調べていくだけでも自然と語彙が増えていきます。たださすがに紙辞書を常に持ち歩いて調べるのは大変ですので、スマートフォンをお持ちの方には辞書アプリをおすすめします。

The purpose of the foreign technical intern trainee system is for young foreign nationals to acquire the latest work skills in Japan and then use these skills in their home countries to aid economic development.

日本語訳

外国人技能実習生システムの目的は若い外国人が日本で最新の仕事の技術を身につけ、経済発展を援助するためにそれらの技術を彼らの母国で使用することである。

単語・熟語

acquire:〜を獲得する
then:それなら、そうすると

構文

to aid economic developmentの不定詞は目的として訳しましたが、正直「それらの技術を彼らの母国で使用し、経済発展を援助することである」というように「…し〜」(toをandに置き換えるイメージです)で訳しても問題ありません。

副詞的用法の中に目的と結果がありますが、和訳をせずに長文読解をするだけなら、目的と結果のどちらなのかをはっきりさせる必要はあまりありません。「…し〜」と訳すだけで事足ります。

不定詞については「【第9回】もう怖くない! 長文読解における不定詞を攻略!」で解説しました。

写真はリンク先から引用。

PDF版はこちらです。

この記事が役に立ちましたら
いいね ! をお願いします