123115_ag_elements-main_free_REV3_0

【英文冒頭解説】4つの元素が周期表に載る

投稿日:2016年01月02日(土)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本語タイトル 4つの元素が周期表に載る。
英語タイトル Four elements earn permanent seats on the periodic table
日付 Dec 31, 2015
サイトのURL https://www.sciencenews.org/article/four-elements-earn-permanent-seats-periodic-table?tgt=nr

The seventh row of the periodic table is officially full.

日本語訳

周期表の7番目の列が正式に全て埋まる。

単語・熟語

periodic table:周期表

構文

タイトルの訳が難しいですね。earn permanent seatsを直訳すると日本語としてはおかしなことになります。ここは単純に「周期表に載る」で良いのではないでしょうか? 「周期表に載る」という言葉の中には暗に永続性が含まれているとも考えられますしね。というのは以下で説明する不変の真理という文法事項があるからです。

この文ではisという現在形を使って不変の真理を表しています。基本的に、今後周期表の7番目の列が突然欠けたりすることはないということなので、現在形を使って不変の真理を表しているのです。

On December 30, the International Union of Pure and Applied Chemistry announced that a Russian-U.S. collaboration had attained sufficient evidence to claim the discovery of elements 115, 117 and 118. IUPAC awarded credit for the discovery of element 113 to scientists at RIKEN in Wako, Japan.

日本語訳

12月30日、国際純正・応用化学連合は、ロシアとアメリカによる共同研究が115番元素、117番元素、118番元素の発見を主張する充分な証拠を獲得したと発表した。国際純正・応用化学連合は日本の和光市にある理研の科学者に対して、113番元素発見の功績を認めた。

構文

awarded creditの和訳が難しいと思います。要は日本の理研の科学者が113番元素を発見したという事実が認められた、とわかればよいです。この辺りは構文を把握すれば読めるというものでもなくて、話の流れがしっかり理解できているかどうかも関係してきます。

前文でロシアとアメリカによる共同研究が115番元素、117番元素、118番元素を発見したことがIUPACによって認められた、と書かれています。この流れで、日本が4つのうちの残り一つの元素を発見したことがIUPACによって認められた、と書かれているわけです。この流れがわかれば、award creditの意味がわかってきます。

私は英文解釈を読解の基礎に置いていますが、これが絶対とは思っていません。やはり言葉というのは文脈も大きく絡んできます。したがって文脈を無視して英文解釈に偏ってしまうのもまた誤りなのです。

その理由はこちらのサイトに書いてあります。

例えば、「水!」と言った時、この言葉が指すことはその状況によって大きく変わります。食べ物を食べて苦しそうに胸を叩いている人がいたら、コップに入った水を要求していると思いますよね。また火事の際に「水!」と言われれば、大量の水を要求していることがわかります。ここでコップ一杯の水などを持って行けば当然怒られます。

私達は自然と文脈を読み取っていますし、文脈がわからなければ会話も成り立たないのです。先の「水!」なんてものを英文解釈したところで意味がないわけです。わかるのは「名詞」というだけで、もはや文にすらなっていません。それでも通じるのは文脈があるからです。

もちろん英文解釈が悪いというわけではないです。ただ英文解釈だけでなく文脈もあるのだということを覚えておいてください。

Both groups synthesized the elements by slamming lighter nuclei into each other and tracking the decay of the radioactive superheavy elements that followed.

日本語訳

両グループとも、軽い原子核同士を衝突させ、続いて起こる放射性の超重元素の崩壊を調べることで、それらの元素(新しく発見された4つの元素のこと)を合成した。

単語・熟語

synthesize:[化]〜を合成する
slam:〜をドサッと置く、たたきつける、投げつける
nucleus:(複数形はnuclei)原子核
track:〜について調べる
decay:(放射性物質の)崩壊
superheavy element:超重元素

構文

followedに対する主語はdecayです。「衝突させた後に起こる」という意味です。この辺りも英文解釈だけでは解決できない問題ですね。

写真はリンク先から引用。

PDF版はこちらです。

この記事が役に立ちましたら
いいね ! をお願いします